つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

美容液を使ってはいけない時間帯とは?間違えばシミやシワの原因に!

time 2017/09/21

美容液を使ってはいけない時間帯とは?間違えばシミやシワの原因に!

せっかく化粧品を買ったからには少しでも早く大きな効果を実感したいですよね。

肌の悩みに真剣に向き合っている人こそ、朝晩と入念に美容液などのスキンケア商品を塗り込んでいるかと思います。

ところがその習慣が、実は肌の悩みを加速させている場合もあります。

今回は、美容液を使うと逆効果になってしまう時間帯について紹介していきます。

美容液の使う時間帯によっては逆効果?!最も有効な使い方とは?

美容液の使う時間帯では逆効果にもなり得るってどういうことなんでしょうか?

たとえばエイジングケア成分として知られる「レチノール」(ビタミンA)配合の美容液。

レチノールの働きとしては、コラーゲンやエラスチンまど、肌の弾力に関わるたんぱく質を増やす他、皮膚のターンオーバーを活性化するなどの働きがありますが、紫外線を浴びると炎症やかゆみなどを引き起こす性質(光毒性)も併せ持っています。

そのため朝にお手入れをしてそのまま外出すると、肌に余計な刺激を与えてしまったり、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

なので朝ではなく、新陳代謝が活発になり細胞が生まれ変わる働きの高まる夜にお手入れすることが、最も効果的な美容液の使い方なのです。

反対に朝のお手入れとして有効なのは、毛穴ケアの美容液です。

同じ美容液でも、余分な皮脂を吸着する働きのあるシリコンパウダーが配合されていることが多く、薄い膜をつくって肌表面の凹凸をなめらかに整えてくれるので、ファンデーションをキレイにのせることができます。

また余談ですが、1つの肌悩みにアプローチの異なる複数の美容液を組み合わせて使うのもオススメです。

多角的に働きかけていくことで、効果はさらに高まります。

パッケージの表記をしっかり読み比べて選んでいくようにしましょう。