つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

シミの原因とお手入れ方法|できるだけ早い美白ケアの心がけを

time 2017/07/27

シミの原因とお手入れ方法|できるだけ早い美白ケアの心がけを

シミがあることに気づいたら、あなたはどんなケアを行いますか?

多くの人は「シミのケア=美白化粧水」と思いこんでいます。

しかしシミにはいくつかの種類があって、それによって最善のケアが変わってきます。

そこで今回は、シミの種類やシミのできる原因、また正しいお手入れ方法などを紹介していきます。

シミのできる原因とその種類

よくあるシミには2つのタイプに分けられます。

1つは紫外線によってできる「老人性色素斑」。

初期の段階であればスキンケアでカバーできますが、濃くハッキリとしたものになってくれば、美容皮膚科での治療でなければ完全に消すことは難しいです。

 

もう1つは女性ホルモンのバランスによってできる「肝斑」。

妊娠中や産後、更年期など、女性ホルモンの乱れやすい時期にできるのが特徴です。

この場合は、化粧品による美白ケア、もしくは皮膚科で処方される内服薬での治療が有効です。

シミのお手入れ方法

シミには2つの種類があって、それによってお手入れ方法は変わってきます。

スキンケア、メイク、クレンジングの点から、それぞれ詳しく説明していきます。

スキンケア

初期の老人性色素斑は、ビタミンC誘導体などの成分が配合された美白化粧品を使うのが効果的です。

ただ時間が経ってしまった濃く輪郭がはっきりしたシミの場合は、化粧品でのケアには限度がありますので、さきほども言ったように、美容皮膚科にて治療をしていく方がいいでしょう。

また肝斑の場合は、美白化粧品のケアにプラス皮膚科で処方してもらえるトラネキサム酸の内服薬を取り入れると効果が高まります。

メイク

紫外線はシミをつくる原因ともなるので、化粧下地をUVケアのものにして、すでにできてしまったシミはコンシーラーでカバーしましょう。

またシミの種類によってテクスチャーを使い分けるとより有効です。

たとえば老人性色素斑の場合は硬めの質感でしっかり隠せるスティックタイプ、肝斑は刺激をこれ以上与えないよう練りタイプのもので優しくカバーするといいです。

クレンジング

老人性色素斑も、肝斑も、刺激を与えないようクレンジングするのがポイントです。

とくにこれを使えばいい!というものはないですが、なるべくこすったり刺激を与えないようにするといいです。やさしくすることを意識してください。

まとめ:シミを発見したら早めに対処を!ケアはやさしくするのがコツ

普段からUV対策は欠かさずに行うようにしましょう。

ただそれでもシミができてしまうこともあります。

とくに老人性色素斑を発見したら、とにかく早い段階でケアを行うようにしてください。

シミが定着してしまう前にすばやく美白化粧水で対処していけば、薄くなる可能性は十分あります。

シミができたからと長い間放置しておくと危険です。

これ以上増やさないために、やさしいお手入れと入念なケア、そして予防を忘れないようにしてください。