つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

ピーリングや酵素洗顔のし過ぎには要注意!健康な角層こそ美肌の要

time 2017/08/10

ピーリングや酵素洗顔のし過ぎには要注意!健康な角層こそ美肌の要

美肌のためと、酵素洗顔やピーリングをして角質を取り除き、新陳代謝を活性化させようと入念にケアをしていませんか?

たしかにピーリングをして古くなった角質を取り除くことは、美肌を保つ上で大事なことです。

しかしやり過ぎると今度は逆に、肌に負担をかけてしまうこともあります。

今回はピーリングや酵素洗顔をするうえでの注意点を紹介していきます。

ピーリングや酵素洗顔は多くて週1回。やり過ぎは肌の構造を壊す原因に

「角質がたまると肌の色が悪く見える」「定期的に角質ケアしないと老化が早まる」など、何かと角質って敵視されがちですよね。

そんな角質を除去しようと多くの人は、ピーリングや酵素洗顔を用いてお手入れをしていきます。

しかし角質には、外部のさまざまな刺激から肌を守ったり、肌内部の水分を保ったりなど、非常に重要な役目があります。

そのため必要以上に角質を取り除いてしまうと、本来ある肌の構造を壊してしまうことになるのです。

ターンオーバーの仕組みをうまくしていくことが美肌に近づくポイント

肌は28日間の周期で生まれ変わっていくのが理想的です。

皮膚の奥で新しい細胞が徐々に押し上げられ、一番上にある角層に到着することで、一定期間肌の保護をするために働き、役目が終わるとアカとともに剥がれおちていきます。

これを「ターンオーバー」といいます。

このターンオーバーが正常に働くことで、美肌は保たれていきます。

しかし角質がうまく剥がれずにどんどん蓄積していくと、肌の透明感が失われたり、肌がごわついたりしてきます。

しかし角質はわずか0.02mmの厚さ(ラップ1枚分)しかなく、肌にセロハンテープを貼ってはがすと簡単にめくれてしまいます。

そのためピーリングや酵素洗顔を繰り返しすれば、どんどん角層は薄くなっていってしまいます。

そうなると肌のバリア機能は失われていき、肌のうるおいを保つ天然保湿因子が流れ出し、乾燥が進んでいったり刺激に弱くなってアレルギー肌になる可能性も高くなります。

良かれと思ってするケアも、やりすぎると逆効果になるので、酵素洗顔やピーリングは多くても週に1回以下にしておきましょう。

健康な角層に育てることが、美肌になるための要です。