つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

くすみの原因とお手入れ方法|溜まった角質を取り除くケアが有効

time 2017/07/27

くすみの原因とお手入れ方法|溜まった角質を取り除くケアが有効

肌がくすんでいると、周りから老けて見られたり、疲れて見られたりしがちです。

くすみをカバーしようと化粧を塗りたくるとさらに老けて見られたりして…どうすれば改善できるのかが分からないですよね。

まずはくすみの原因を知ることから始めましょう。

そこから正しいお手入れ方法も紹介していきます。

くすみのできる原因とは?

くすみの原因は主に、ターンオーバーの乱れによる角質肥厚や乾燥、疲労や寝不足、食生活の乱れなど、いくつかの原因が考えられます。

またこれらの原因がいくつも重なって起きている場合もあります。

自身のお手入れによって対策ができるのは角質肥厚と乾燥で、その他は生活習慣の見直しをしていくことが大切です。

くすみのお手入れ方法

原因がわかったところで早速お手入れ方法を説明していきます。

スキンケア、メイク、クレンジングの順で、それぞれ詳しく見ていきましょう。

スキンケア

くすみの色が灰色であれば、それは角質肥厚タイプのくすみで、ターンオーバーの乱れによって引き起こされているくすみです。

この場合は、ピーリング酵素洗顔などでターンオーバーを促していくことがポイントです。

また透明感のないくすみの場合は乾燥タイプのくすみで、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されている化粧品でスキンケアで保湿を行っていきましょう。

さらにそこにオイル美容液をプラスしていくことで、みずみずしいお肌を演出することもできます。

メイク

角質肥厚のくすみの場合は、化粧下地が重要です。

中でもパール入りのものを選び、肌全体をトーンアップさせていくといいです。

そしてファンデーションは、ほくろや血管が目立たない程のカバー力が強めなものを選択してください。

対して乾燥タイプは、カバー力よりも保湿効果の高いものを選びましょう。

たとえばうるおい効果の高いBBクリームがオススメです。

クレンジング

角質肥厚タイプのくすみの場合は、オイルクレンジングで溜まった角質を除去していきましょう。

さらに乾燥が気になる方は、乳液タイプでメイクを落としたあと、週に1回くらいのペースで酵素入り洗顔料とのダブル使いで洗顔していってください。

また乾燥タイプのくすみの場合は、乳液かクリームなど、比較的油分の多いクレンジング剤を使って、洗顔しつつ同時にうるおいも与えていくといいですよ。

 

まとめ: くすみの原因に合わせたケアを。毎日の工夫と意識でくすみ肌を撃退!

くすみの要因はさまざまだということが分かりました。

それぞれの中から自分のくすみの原因がなんなのかを特定し、それに合わせたケアをしていくことが大事です。

少しの意識と工夫が、みずみずしい明るい肌を取り戻すきっかけになれますよ。