つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

小ジワ・シワ・たるみの原因とお手入れ方法|保湿ケアを重点的に

time 2017/07/27

小ジワ・シワ・たるみの原因とお手入れ方法|保湿ケアを重点的に

小ジワや深いシワ、たるみに悩まされていませんか?

多くの人は加齢のせいだと思っているでしょう。

しかし原因は実は加齢だけではありません。

場合によっては自ら肌老化を招いているかもしれません。

そこで今回は、小ジワ・シワ・たるみのできる原因や、正しいお手入れ方法などを紹介していきます。

小ジワ・シワ・たるみのできる原因とは?

「シワ」といっても、原因や段階によって2つの種類に分かれます。

まず肌の乾燥でできるのが「小ジワ」です。

この小ジワがある状態、すなわち肌が乾燥しているときに紫外線の影響を受けたり、加齢によってコラーゲン線維が減少することで「シワ」となります。

また「たるみ」は、表情筋の衰えによって、顔についた脂肪を支えることができなくなることで目立ってきます。

シワやたるみは化粧品だけの力でケアしていくのは難しく、定期的なケアが必要となってきます。

小ジワ・シワ・たるみのお手入れ方法

原因が分かったところで次はお手入れ方法です。

スキンケア、メイク、クレンジングの順で、それぞれ詳しく説明していきます。

スキンケア

小ジワは角質の保湿で目立たなくすることができるので、洗顔後のスキンケアが最も重要になってきます。

保湿成分が豊富の「セラミド」が配合された基礎化粧品を使ったり、油分の多い美容液やクリームでしっかり肌を保湿していくことが大切です。

また毎日シートマスクを利用するのも有効な手段の一つです。

メイク

まずファンデーションですが、パウダータイプのものは皮脂を吸着するので避けた方がいいです。

オススメは、クリームタイプやスティックタイプです。

また乾燥しがちな目元や頬は、すべり心地がよくなめらかなクリームアイシャドウ、クリームチークうを使用すると、浮くこともなくキレイな状態が長持ちしますよ。

クレンジング

ある程度のうるおいを残すことも大事なので、クレンジングはなるべく洗浄力の高すぎないものを選択しましょう。

乳液タイプやクリームタイプのものだと比較的肌にやさしいです。

また拭き取りタイプは、力を入れすぎたりこすってしまうと、肌に摩擦を与えて負担になってしまうので、使用する際はゆっくり丁寧にしましょう。

まとめ:シワが深くなる前に保湿ケアを重点的に!

シワをこれ以上悪化させないために、小ジワの段階でしっかりエイジングケアをしていきましょう。

保湿重視のスキンケアやメイクにしていって、なるべく肌に負担をかけないよう心がけていくことが、肌老化防止に繋がります。