つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

乾燥の原因とお手入れ方法|乾燥は水分不足だけじゃなかった!

time 2017/07/27

乾燥の原因とお手入れ方法|乾燥は水分不足だけじゃなかった!

肌が乾燥していると、シワができやすくなったり、化粧のりも悪かったりと、正直いいことなんてひとつもないですよね。

しかし乾燥肌に悩む方は多くいます。

そこで今回は、肌が乾燥する原因や、正しいお手入れ方法を紹介していきます。

肌の乾燥の原因とは?

肌の「乾燥」といえば、多くの人は水分不足が原因だと思いますよね。

そのため化粧水を多くつけたり対策をとると思います。

しかし乾燥にはもう一つ、油分不足が原因な場合もあるんです。

自分の肌を見つめ、透明感がないと感じる場合は水分不足、夕方になると肌が乾燥してくる場合は油分不足と考えてください。

乾燥のお手入れ方法

水分不足と油分不足、それぞれの特徴がわかったところで次に紹介したいのが、乾燥肌のお手入れ方法です。

スキンケア・メイク・クレンジングに分けて、それぞれ詳しく説明していきます。

スキンケア

水分不足の場合は、保湿効果の高い「セラミド」や「ヒアルロン酸」配合の美容液を使用したり、化粧水を重ねづけしたりして、とにかく水分をお肌に与え続けましょう。

また油分が足りない場合は、いつものスキンケアの最後に美容オイルやクリームを塗るといいです。

肌の保湿成分でもある細胞間脂質の流出を防ぐ効果もあります。

メイク

水分不足の場合は、リキッドタイプのファンデーションを使用しましょう。セラミドなどの保湿成分が配合されたものを使うと、うるおいのあるふっくらした肌に仕上がります。

また油分不足の場合は、夕方になっても化粧崩れのしにくいクリームタイプがオススメです。

クレンジング

乾燥した肌に最も注意してもらいたいのがクレンジングです。

クレンジングの際に保湿成分も一緒に洗い流さないようにしなくてはならないので、できるだけ低刺激で高保湿の乳液タイプかクリームタイプを使いましょう。

洗顔も同様のものを使用しつつ、洗い方はやさしくそして手早くを意識して短時間で洗い上げるのがポイントです。

また洗浄力の強いものは、肌に必要な水分や油分も取り去ってしまうので避けておいた方がいいでしょう。

まとめ:肌の乾燥対策は水分不足か油分不足かで決まる!

ここまで肌の乾燥の原因やお手入れ方法について紹介しました。

まずは水分不足による乾燥なのか、油分不足による乾燥なのかを見定めてみましょう。

水分不足であれば、スキンケアやメイクの配合成分を保湿効果のあるものに。

油分不足であれば、油分を補うことのできるアイテムを使っていきましょう。

またクレンジングはどちらのタイプであっても、低刺激・高保湿のものを選ぶと効果的です。