つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

その肌荒れ自分が招いているかも?いつもの化粧水を見直してみましょう

time 2017/09/21

その肌荒れ自分が招いているかも?いつもの化粧水を見直してみましょう

「化粧水を肌にしっかりつけているのにどうも肌の調子が悪い…」と悩んでいませんか?

その肌荒れ、もしかしたら自分自身が招いているかもしれません。

間違ったスキンケアをしていないか、今一度確かめていきましょう。

その使い方要注意!種類に応じた正しい使い方を

化粧水は、とりあえず肌にたっぷりつけておけば良いといったイメージがあるかと思いますが、種類によってはその使い方が肌トラブルの原因を引き起こすことにも繋がります。

まず化粧水には大きく分けて以下の3つの種類があります。

  1. ふき取り化粧水
  2. 柔軟化粧水
  3. 収れん化粧水

まずふき取り化粧水は、余分な角質を取り除き、後からつける保湿剤の浸透を高める効果があります。

次に柔軟化粧水ですが、これは洗顔後の肌にうるおいを与え、キメを整える働きをする効果があります。

最後に収れん化粧水、これは毛穴を引き締める効果があり過剰な皮脂を抑えてオイリー肌を整える効果があります。

この3つの化粧水の中で唯一たっぷり浸透させて良いのは「柔軟化粧水」だけです。

というのも、ふき取り化粧水と収れん化粧水は、肌に浸透させるのが目的ではないからです。

とくにふき取り化粧水は、ふき取るだけが目的であって、ピーリング効果や消毒効果を持たせているので量を多く使って肌に浸透させてしまうと刺激が強すぎて肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

また乾燥肌の人が毛穴を引き締めたいからという理由で収れん化粧水を使うと、皮脂抑制成分が肌の乾燥をさらに進めてしまうこともあります。

化粧水は自分の肌質や肌状態によって適したものを選び、使い分けていくことが大事です。

もし目立った肌トラブルがなければ、洗顔後に柔軟化粧水をたっぷりつけて肌をうるおわせましょう。

また肌のザラつきが気になる場合は、洗顔後にふき取り化粧水で角質ケアをしてから次の工程にうつるといいですよ。

さらに皮脂の多さが気になる方は、柔軟化粧水の後に収れん化粧水をTゾーンにパッティングすると、化粧崩れが気にならなくなります。

まずは種類と使い方を確かめたうえで、使用していきましょう。