つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

肌に何も与えない「肌断食」は効果はあるの?

time 2017/08/10

肌に何も与えない「肌断食」は効果はあるの?

洗顔後の肌になにひとつ化粧品をつけない「肌断食」。

肌トラブルに悩む患者さんに向け、皮膚科医が肌を休ませるという考えのもと、スキンケアの使用をやめるよに勧めたことがそもそもの始まりです。

使ったスキンケア商品の成分が合わなかったり、そのせいで肌トラブルが出たからやめて様子を見るという理由であれば分かりますが、肌の状態がいたって健康な人の場合、肌断食は有効なのでしょうか?

肌断食よりもクレンジング断食で肌を休める習慣を

肌の健康を安定させるために必要不可欠なのは、水分と油分です。

スキンケア商品はもともとそういった不足しがちなものを補ってくれる効果があります。

肌の状態が現時点で健康、とくに大きなトラブルもない場合は、今使っているスキンケア商品が肌に合っているという何よりの証拠になります。

わざわざそれを排除するのは、肌を自ら傷めつけてしまうことになりかねません。

むしろ今まで通り定期的に続けていった方がいいでしょう。

ただ肌を休めることは大事です。

そこでオススメしたいのが、「肌断食」ではなく「クレンジング断食」です。

クレンジング剤は洗浄力が強いため、不要な皮脂だけでなく、肌にとって必要な成分までも洗い流してしまい、肌を乾燥を促進させてしまいます。

肌の乾燥に悩む方は、クレンジング剤を使わない日を設けてみましょう。

そうすることで肌の負担が減り、肌の調子も上がってくるはずです。

化粧品の中にはクレンジングいらずのファンデーションや下地も出ているので、そういったものを選択するのもひとつの手です。

ただ注意してもらいたいのが、クレンジングは断食中でも、外出時にはUVケアを忘れないようにするということです。

洗顔で落ちるタイプの日焼け止めを使用して、常に紫外線からは肌を守るようにしてください。