つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

間違った美容液ケアは顔のたるみを促進させる!悩みに応じた使い分けを

time 2017/08/24

間違った美容液ケアは顔のたるみを促進させる!悩みに応じた使い分けを

エイジングケアをしているのに顔のたるみが改善しない」、こんな悩みを抱えていませんか?

年齢を重ねるごとに悩みが増えてくるシワやたるみ。

これらを食い止めるためにエイジングケアをし始める人も多いと思います。

しかし配合成分をよく確かめずに購入、使用している人が大半です。

“とりあえず”で選んでしまうと、逆に老化を促進させてしまうかもしれません。

今回は間違った美容ケアについての注意点を紹介していきます。

使い方を間違えるとますます老化へ。しっかり成分を見極めることが大事

シワやたるみの原因は人によってさまざまです。

とくに注意してもらいたいのが筋肉の衰えから起こるものと、筋肉の硬直から起こるものです。

ほうれい線やフェイスラインのたるみなど、顔の半分より下にあらわれる症状は「垂れジワ」は筋肉の緩みから引き起こされます。

この場合は、リフトアップ効果の期待ができる美容液を、顔の下から上へ、そして内側から外側へとなじませていってください。

また食事のときによく噛むようにすることも大事です。

続いて笑ったときにできる目尻のシワや眉間のシワなどは「表情ジワ」と呼ばれ、こちらも筋肉に起因するシワです。

これは筋肉が硬直してできるもので、顔の上半分にあらわれます。

これには美容外科のボトックス注射が有効です。

ここまで紹介してきた筋肉のゆるみによる「垂れジワ」と、筋肉の硬直によって起こる「表情ジワ」、お気づきかもしれませんがこの2つは、同じ筋肉由来のシワでも対策方法は正反対なんです。

ということは、1つの美容液だけでは補いきれない可能性が高いのです。

2つのシワに有効な2種類の美容液を常備し、顔の上と下で使い分けてケアをしていく必要があるのです。

間違えて筋肉を緩めさせる成分が入っている美容液を顔半分につけてしまうと、ますますたるみやシワを促進させてしまいます。

自分のシワやたるみはどちらに当てはまるものなのか、原因を知った上で使い分けて行くことが大事です。