つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

シミやしわ、目元のクマをどうにかしたいという方へ、効果的な肌ケア方法と、基本的なスキンケアの方法を紹介しています。今さら聞けない美肌術が満載ですよ。

つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

つらい肌トラブル撃退大辞典|シミ・しわ・クマをなんとかしたい方へ

年齢を重ねるにつれて気になってくるシミ・シワ・たるみなどの肌トラブル。

それらが引き起こされるのにはそれぞれそれなりの原因があります。

今後これ以上肌トラブルを悪化させないために、また予防に役立てるためにも、今回は肌トラブルを生み出す要因5つを紹介し、どういったケアが効果的なのかについてまとめました。

肌トラブルの原因を理解し今後の予防に役立てる

肌トラブルの要因とされているのは主に以下の5つです。

  1. 乾燥
  2. 紫外線
  3. 加齢・血行不良・栄養バランスの乱れ
  4. ホルモン分泌の低下
  5. ストレス

それぞれ詳しく説明していきます。

乾燥

肌の老化の一番の要因といわれているのが「乾燥」です。

角層の水分保持機能が弱まり、肌が乾燥することでバリア機能も低下していきます。その結果肌がくすんでみえたり、小ジワが生まれたりします。

肌の乾燥は、湿度の低下だけでなく睡眠不足や加齢、体調不良など生活リズムや体の変化によっても起こります。

そのためスキンケアで保湿するだけでなく、生活習慣を見直していくことも肌の乾燥を防ぐためには大事になってきます。

紫外線

紫外線による肌の影響は、シミ・そばかすだけではありません。

実はシワやたるみも引き起こす要因といわれているんです。

紫外線を浴びると、皮膚の中で活性酸素が発生します。

この活性酸素は肌のターンオーバーを促す細胞にダメージを与えるため、正常なターンオーバーの動きを邪魔し、活動を弱めます。

この結果肌に必要な成分が行き届かなくなり、シワやたるみのできやすい環境をつくってしまうのです。

紫外線は肌に様々なトラブルをもたらすので、予防はしっかり行ってください。

加齢・血行不良・栄養バランスの乱れ

加齢とともに細胞の働きも弱まっていきます。

そのため皮膚全体の活動が減少し、肌が本来持つバリア機能や水分保持機能を低下させ、肌のうるおいや弾力がなくなっていきます。

また食生活の乱れや血行不良などで肌に必要な栄養が行き届かなくなり、肌の弾力やハリが低下していき、肌のくすみを作ることにも繋がります。

さらに栄養面で注意したいのが「糖化」です。

食べ物に含まれる糖が、体の中のたんぱく質を変化させ、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンを劣化させてしまう恐れがあります。

食事の際は先に野菜を食べたり、糖質が多く含まれるものを避けるなど、工夫していくことが大事です。

ホルモン分泌の低下

加齢に伴って、若さを保つために重要な2つのホルモンの分泌が減少してしまいます。

1つ目は、肌のハリや弾力を保つコラーゲンを増やしたり、肌の水分保持の働きを助ける「卵胞ホルモン(エストロゲン)」です。

30代以降から徐々に減少し始めます。

これにともなってコラーゲン生成や水分保持機能が弱まり、肌の老化が進行していきます。

2つ目は、成長ホルモンです。

子供の成長にとって欠かせない成長ホルモンですが、大人でも肌を含めた体の各組織の修復をする働きをしています。

このホルモンが減少していくことで肌の新陳代謝が弱まり、肌老化が促進されます。

ストレス

ストレスは、肌に大きく症状が出やすいです。

肌の表面には、細菌やウイルスから肌を守ってくれる「ランゲルハンス細胞」という細胞がありますが、この細胞はストレスによって数が減少されていくことが研究で分かっています。

そのため強いストレスを感じると、肌は敏感に反応し、肌荒れを引き起こしたり肌老化を促進させる活性酸素を発生させてしまいます。